内祝いはマナーに気を付けよう!センスも大切

Icon 2022年1月28日

内祝いの金額のマナーとは

内祝いはお祝いでいただいた金額の半額から三分の一が一般的ですが、実際に返す際にいただいたアイテムの値段がわからなかったり、金額が大きすぎて半額はもちろん三分の一でも厳しいというケースもあります。その際には必ずしも半額から三分の一を返そうとし、無理をする必要はないということも頭においておくようにしましょう。いただいたアイテムの金額がわからない時には、今の時代ならインターネットを使うことで簡単に調べることができますが、わざわざ金額を調べてお返しをすることに対して良い気持ちにならない人もいます。だからこそ金額にこだわるのではなく、感謝の気持ちをいかに相手に伝えることができるかに集中してみるべきではないでしょうか。

品物選びはセンスが問われる

内祝いでどんなものを贈るのかで頭を悩ませる人が大半ですが、相手の好みはもちろん家族構成も視野に入れて選ばなくてはならないとなれば把握しきれておらず余計に悩むのではないでしょうか。そんなときに役立つのがカタログギフトであり、受け取った相手が好きなものを選べるので不要なものを贈ってしまい困らせる心配がなくなります。今の時代ならインターネットを使って調べれば簡単にカタログの値段はわかってしまいますが、現金や商品券とは異なり明確な金額を提示するわけではないのでマナー違反になる恐れもありません。品物を選んで贈るとなればセンスの良し悪しが問われることになるので、普段から贈り物をしない人にとってはプレッシャーになってしまいがちです。センスを問われて恥ずかしい思いをすることもないので、カタログギフトはあらゆるシーンの内祝に適していると言えます。

内祝いは、幸せを分かち合うために贈るプレゼントです。出産の場合は、子供の名前や写真入りのものや体重の重さの米などを贈ると喜ばれるでしょう。